高脂血症 レシピ

高脂血症に効果的なレシピとは

高脂血症は血液中の脂質が異常に多くなっている状態

 

高脂血症は、血液中に含まれるコレステロールや中性脂肪などの脂質の量が、
異常に多くなっている症状のことを言います。

 

コレステロールは、健康に害を及ぼす物質のように思われがちですが、
本来は、人間の体内で欠かすことのできない物質です。

 

例えば、細胞の細胞膜を構成する材料としてコレステロールが使用されています。
しかし、血液中のコレステロールの量が異常に増えると、動脈硬化を引き起こします。
動脈硬化が進行すると、心筋梗塞や脳梗塞といった重大な病院を発症する確率が高まります。

 

血液中のコレステロールが増えると、なぜ動脈硬化が起こるのでしょうか。

 

コレステロールは、血液中ではタンパク質と結びついた形で存在しています。
具体的には、善玉(HDL)コレステロールと、悪玉(LDL)コレステロールの2種類があります。

 

悪玉コレステロールが多くなると、コレステロールが血管の内面に付着しやすくなります。
逆に、善玉コレステロールには、血管にくっついたコレステロールを引きはがす作用があります。

 

高脂血症に効果的なレシピとは

 

つまり、血管中の悪玉コレステロールが多く、善玉コレステロールが少なくなると、
血管にコレステロールがべったりとへばりつきやすくなります。
これにより、血管の壁が分厚くなり、弾力性が失われて硬くなります。
また、血管の内部が狭くなって血液が流れにくくなります。これが動脈硬化です。

 

従って、高脂血症と診断されたら、血液中のコレステロールを減らすような治療が必要となります。
高脂血症の治療には、コレステロールを下げる食品を多く摂取するように、食生活を改善することが最も大事です。

 

コレステロールを下げる食品とは、ビタミンやミネラル、食物繊維を多く含むものです。
代表的な例として、野菜、海草類、きのこ類、果物、青魚、魚介類、大豆及び大豆製品などが挙げられます。

 

高脂血症の治療には、上記の食品をふんだんに使ったレシピが望まれます。
そのようなレシピとして、海草と野菜がたくさん入った豆腐サラダや、あさりとキノコの酒蒸しなどがあります。


ホーム サイトマップ